siroteni-teku

 

白猫テニスではキャラクターによっていくつかのタイプがあり、戦い方が変わっていきます。

 

サーブ・テクニック・ストローク・スタミナ・スピードと5つのタイプがありますが、どういった特徴があるのかを知っておくことは非常に大切です。

 

今回はその中でもトリッキーな戦い方を得意とするテクニックタイプを使いこなすためのコツや立ち回りを紹介していきますので、メインキャラがテクニックタイプの人は参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

テクニックタイプの特徴

 

  • 唯一ドロップを覚える
  • ライン際を狙える
  • スタミナは多くない

 

最大の武器「ドロップ」

 

テクニックタイプの最大の武器が唯一覚えることができる「ドロップショット」になります。

 

ボールに逆回転がかかっているため途中で減速して落ちていきます。バウンドしても勢いがないため普通に返そうとすると届かないことが多いです。

 

そのためテニスをよく知らない初心者の人なんかだとドロップを打たれると2バウンドしてしまったり空振りしたりしてしまうのですね。

 

白猫テニスの場合はドロップは紫色の弾道になりますので打たれたら前に出て返すようにしましょう。

 

ライン際を狙える

 

相手コートのラインぎりぎりに返すことで敵を左右に揺さぶり、スタミナを削ることができます。

 

スタミナがなくなってくれば動作が遅くなるので反対のライン際に打たれたら追いつけなくなるでしょう。

 

そして白猫テニスではライン際にしっかり打てるかどうかはステータスの「テクニック」の数値に依存しています。テクニックが低いとライン際に行かなかったりアウトになったりするのです。

 

テクニックタイプはその名の通りテクニックが特化して伸びるので、こういったライン際を積極的に攻めることができるのですね。

 

スタミナは多くない

 

相手を揺さぶってスタミナを削っていくのが得意ではありますが、テクニックタイプは自身のスタミナも高くはありません

 

ペースを相手に持っていかれた場合はこちらがスタミナ切れを起こす可能性があるので注意しましょう。

 

テクニックタイプの理想は自分はあまり動かずに、さまざまな変化球で相手を翻弄するようなプレイスタイルでいくことです。

 

テクニックタイプの育成方針

 

テクニックタイプのキャラを育てて強化していく場合はまずソウルボードで球種を取得することを目指しましょう。

 

ドロップロブスライスなどを覚えないとテクニックタイプの強みを最大限生かすことができません。ほかのステータスは後回しでいいのでまずは変化球を覚えてください。

 

一通り球種を取得したら次はテクニックを上げていく感じですね。強化はタイプの特徴に関わる部分から優先的に行うのがコツです。

 

キャラを強化するために必要なルーンを効率よく集める方法は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

【白猫テニス】強化のカギ!効率のいいルーン稼ぎのコツ!

 

スポンサードリンク

 

テクニックタイプの立ち回り

 

ではここからが実際の試合で相手と戦う際のテクニックタイプの立ち回りを解説していく内容になります。

 

テクニックタイプはテニスの戦略を知っていればいるほど強い上級者向けのタイプになりますので、ぜひ以下の内容を押さえておいてください。

 

ちなみにリアルテニスでも有効な内容です(笑)

 

ドロップとロブの組み合わせ

 

テクニックタイプ最強の組み合わせがドロップとロブを交互に打って相手を前後に動かす立ち回りです

 

この流れを作ると相手はごっそりスタミナを消耗するので次第に追いつけなくなっていき、これだけで得点することもできるようになります。

 

ただ上級者の戦いになるとスタミナ管理をしていたりうまく返してきたりといったこともあるので、途中にスピンボレーを入れたり緩急をつけてやりましょう。

 

さらに前後の動きだけでなく左右のコーナーも狙っていくようなプレイができれば相手は相当に苦戦すると思います。

 

何とか返せてもチャンスボールになることが多いので、遠慮なくスマッシュを叩き込んでください。

 

SSの使いどころを押さえる

 

テクニックタイプが覚えるSS(スーパーショット)はトリッキーなものが多いです。

 

星4キャラだとフランとトウコですが、フランはバウンドするまで消えるという方向が読めないボールで、トウコは大きく曲がる変化球となっています。

 

どちらも強力なSSではありますが、相手がコートの後ろにいたりスタミナが十分な状態だと普通に返せる場合も多いです。

 

なので基本はこれらのSSは上記のドロップ&ロブでスタミナをある程度削ってから行うようにしましょう。

 

そしてドロップで相手を前に出した後に打つことでほぼ返すことは不可能なSSとなります。確実に得点できますので使いどころを押さえましょう。

 

スライスを使いこなす

 

テクニックの数値が高いとスライスが強力な武器となります。スライスというのは速度は遅いですが多少曲がる変化球です。

 

テクニックの数値が大きい方が曲がる度合いも大きくなるので、予測できない動きで相手を惑わすことができるのです。

 

またテクニックの数値が高いほど、スライスを打ち返した際のダメージが大きくなります。相手のスタミナを多く削ることができるのでテクニックタイプならスライスを多用しましょう。

 

そして速度が遅いという特徴を利用して体制を整える際にも使うことができます。

 

速い球で左右に振られてペースを持っていかれたら、スライスで返して時間を稼ぎ、コートの中心に戻りましょう。

 

ペースを持っていかれたらスタミナを温存するため諦めて流れをリセットするのも戦略ですが、スライスを使うことで得点を失うことなく立て直すことができる可能性もあるのです。

 

対スタミナタイプに注意

 

テクニックタイプは様々な球種で相手を動かし、スタミナを消耗させるような戦い方が得意です。

 

しかしスタミナタイプが相手だとなかなかスタミナ切れを起こさないため、長期戦になる傾向があります。

 

そうなってくると逆にこっちがスタミナ切れを起こす可能性があるので対スタミナタイプの場合は気をつけた方がいいかもしれませんね。

 

つまり敵がテクニックタイプで強い場合は対抗策として自分はスタミナタイプを使用するのがおすすめということにもなります。

 

自分が使う場合のみならず、相手が使ってきた場合の対抗策として相性を押さえておきましょう。

 

スタミナ切れで負けるリスクを減らすためにスタミナ管理についても知っておいた方がいいと思います。以下の記事にスタミナについて書いていますので参考にどうぞ。

【白猫テニス】スタミナ節約!勝敗を分ける管理のコツ!

 

さいごに

 

テクニックタイプは使いこなすことができると戦略的なテニスができるため試合がかなり面白くなっていきます。

 

ゲームメイクの知識やセオリーはリアルテニスでも使える内容なので知っておいて損はないでしょう。

 

今回の記事はテニスをやる人なら知っているような内容ですが、知らなかった人はぜひ実践してみてください。戦略の幅が広がりますよ!

 

スポンサードリンク