slice

 

白猫テニスでは相手の球を打ち返す際、基本的にはスピンスライスの2種類の球種を使い分けることができます。

 

スピンは通常の返球になりますので使う人は多いでしょうが、テニスに詳しくない人だとスライスはあまり使っていないかもしれませんね。

 

スライスを多用することで試合を有利に持っていくことができるようになりますので、今まで意識していなかった人はぜひ使っていきましょう。

 

ただもちろんベストな使いどころというのはありますので、今回はスライスを使いこなすためのコツや使いどころを解説していきます。参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

スライスとは

 

スライスはその言葉の意味通りラケットを切るように振ることでボールに逆回転をかける変化球となります。

 

不規則な回転となりますのでまっすぐ飛ばずに曲がります。また地面にバウンドしたあとも不規則な方向へ行きやすいです。

 

球速も遅いため相手のペースやリズムを崩すことができ、スピンと組み合わせていくことで緩急をつけたラリーができる球となっています。

 

スライスが曲がる方向

 

スライスが曲がる方向はフォアハンドかバックハンドかで変わっていきます。

 

どっちに曲がるかわかっていないとライン際を狙った際などに想定と逆に曲がってアウトになるといったことが起きるので把握しておきましょう。

 

まずフォアハンドでスライスを打った場合は利き手の方へ曲がっていきます。右利きなら右へ、左利きなら左へということですね。

 

バックハンドでスライスを打った場合は利き手と逆に曲がります。ライン際などを狙う場合は曲がる方向を考えて打ちましょう。

 

スライスのメリット

 

スイングエリアが広くなる

 

スライスは通常のスピンよりもスイングエリアが広くなります。ラリーで左右に振られて追いつけない時や球速の速いフラットサーブに対応する時はスイングエリアを広くした方が拾える可能性が上がりますね。

 

特にラリーで左右に振られている場合はスライスを使うと体制を整えるチャンスともなりますので積極的に使っていきたいですね。

 

球速が遅いスライスを打つことでコートの中心に戻る時間を稼ぐことができるので、相手にペースを持っていかれそうな時は実践してみてください。

 

ダイレクト判定にならない

 

白猫テニスではボールがバウンドする前にノーバンで打ち返すとダイレクト判定となり球速が遅くなります。

 

相手にチャンスを与えやすくなってしまうのでできれば回避したいミスです。

 

ダイレクトはボレーを打とうとネット前へ出た時に起こりやすいですね。球種アイコンがスピンからボレーに切り替わるラインまで到達できずスピンのまま返してしまうとダイレクトになります。

 

そこがスライスだとダイレクト判定になりませんので、前へ出る時はあらかじめスピンをスライスに切り替えておきましょう。

 

そうすることで仮にボレーラインまで間に合わなくてもダイレクトになってしまう事故を防ぐことが可能となります。

 

相手のスタミナを削れる

 

スライスはテクニック値が高いほど曲がりますし、相手のスタミナを多く削ることができる球種です。

 

テクニックタイプのキャラクターを使っている場合はドロップショットと合わせてスライスも使っていきましょう。

 

スイングエリアが広いため粘ることが可能ですし、相手のスタミナを多く削ることができれば粘り勝ちすることもできます。

 

テクニックが高いとスライスは本当によく曲がるので相手のミスも誘いやすいです。

 

スポンサードリンク

 

スライスのデメリット

 

ジャストで返されるとキツイ

 

こちらが打ったスライスを相手がスピンで打ち返してきた際、タイミングがジャストだと普通のジャストより球威が上がります。

 

球速も上がるため角を狙われたら厳しいでしょう。スライスは上述したようにメリットの多い球種となりますが、相手が安定して打ち返せる環境では多用は厳禁です。

 

基本はスピンでラリーを続けながら、たまにスライスを使って相手のリズムを崩すような使い方がおすすめです。

 

ボレーに弱い

 

スライスをボレーされると通常のボレーより角度がつきます

 

ただでさえボレーは返しづらいのに角度がつくと拾うのは相当苦労するでしょう。相手が前へ出てきた時はスライスではなくスピンで返すようにしてください。

 

またはロブを打つことをおすすめします。相手のスタミナ次第ですが前に出た時にロブを打たれるとほぼ追いつけないでしょう。

 

スライスの使いどころ

 

以上を踏まえてスライスを使う場面を解説ですが、基本的には以下のようになります。

 

  • 守りに徹する時
  • 緩急をつける時
  • 前へ出る時
  • 体勢を立て直す時

 

フラットサーブやSS(スーパーショット)、スマッシュなど球速が速い球を打たれて守りたい時はスイングエリアが広いスライスを使いましょう。

 

ラリーの中で相手のリズムを崩して緩急つけたい時はスライスを使いましょう。ただしダイレクトスピンで返されないよう注意。

 

ネット際へ出た際はダイレクトになりそうだったらダイレクト判定のないスライスを使いましょう。

 

相手にラリーの主導権を握られて左右に振られている場合は球速の遅いスライスでコート中心に戻る時間を稼ぎ、体勢を立て直しましょう。

 

スライスの使いどころはそんな感じとなります。

 

スライスサーブを使おう

 

サーブの時にあまりスライスを使う人は多くないかもしれませんが、スライスサーブも使いこなせるとなかなか強力です。

 

テクニック値が高いとスライスはよく曲がると上述しましたが、これはサーブでも同じで大きく曲がることで相手が追い付けないサーブを打つことができます。

 

球速が遅いため読まれると追いつかれますが、不意にスライスサーブを入れると結構効果的です。

 

テクニック値が高いキャラを使っている場合はバリエーションの一つとして有効活用してみましょう。

 

さいごに

 

スライスは全てのキャラが覚えることができますし、使いどころをしっかり把握しておけばかなり強力な武器となります。

 

テニスの経験があまりない人だとスピンのみしか使わなかったりすると思いますが、スライスを入れると戦術の幅も広がりますし勝率も上がります。

 

ぜひ今回の記事を参考にしてスライスを使いこなしてみてください!

 

スポンサードリンク