image (13)

 

白猫テニスでは試合に勝つために強いキャラを手に入れるだけでなく、勝つためのコツを押さえていくことが大切です。

 

逆に言うと強いキャラを引けなくても戦い方のテクニック次第で勝つこともできるということですね。

 

今回はタワーやツアーでなかなか勝てないと悩んでいる人のために、白猫テニスで勝率を上げるコツや戦い方を紹介していきますので参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

白猫テニスの負けパターン

 

  • スタミナ切れで試合にならない
  • 角度のついた球に追いつけない

 

白猫テニスをプレイしていて相手に得点されるケースは上記のような形が多いと思います。

 

まずはこの鉄板の負けパターンにハマる可能性を少しでも下げられるようなゲームメイクを心がけていきましょう。

 

スタミナ管理を徹底する

 

負けパターンで一番多いのがスタミナ切れを起こしてボールに追いつけないというケースです。

 

スタミナ0になると少し左右に振られただけで全く対応できなくなりますので試合になりません。ドリンク運もある程度関係はありますが、いかに相手よりスタミナを温存できるかがカギですね。

 

相手のスタミナは多く削り、自分のスタミナは消費を抑える立ち回りができれば相手より先にスタミナ切れを起こすことはなくなります。

 

スタミナを多く奪うには基本的にジャストショットを狙っていきます。

 

サーブやラリーでジャストを連発できればその分相手は余計にスタミナを消費しますから優位に立てるでしょう。球速も早くなるのでミスも誘いやすいです。

 

逆に自分のスタミナ消費を抑えるには少しでも移動する距離を少なくすることです。相手が打ってくるコースを読んだり、追いつけなさそうなら諦めるというのも戦略です。

 

スタミナは白猫テニスにおいて最重要とも言える要素になりますので減る原理をしっかり把握しておきましょう。以下の記事でスタミナに関しては詳しく記載しています。

【白猫テニス】スタミナ節約!勝敗を分ける管理のコツ!

 

角度のついた球を拾うには

 

スタミナ切れについで負けパターンで多いのが角度のついた球に追いつけず得点されるというケースですね。

 

仮に追いつけたとしてもラリーの主導権を握られた場合は早く立て直さないと結局スタミナ切れにつながります。角度のついた球を返すコツを知っておきましょう。

 

コートの中心に戻る

 

リアルテニスでもそうですがシングルスの場合はコートの中心に戻るのが基本です。相手が打ってくるコースを読み違えても中心からなら追いつけます。

 

慣れてきたりテニスのセオリーがわかってくるとある程度コースが読めるようになるので、その場合は左右どっちか寄りにいても大丈夫ですが最初のうちは毎回中心に戻りましょう。

 

なるべく移動距離を少なくして無理のない体勢で返球するのが大切です。

 

スライスで返す

 

ラリーで主導権を握られて中心に戻るのもきつくなってきたらスライスを使って体制を立て直す時間を稼ぎましょう。

 

スライスは普通のスピンショットと違って球速が遅いので相手のコートに入るまでに時間がかかります。その間にうまく体制を整えることができればまだチャンスはあります。

 

またスライスは不規則な動きをすることも多いので相手の思わぬミスを誘うこともできます。ぜひ不利な時ほど積極的にスライスを使ってみてください。

 

こういった動きを何回かしてみて、左右に振られる不利な状況を打開できそうになければスタミナ温存のために諦めましょう。

 

スポンサードリンク

 

勝率を上げるコツ

 

パーティ編成を考える

 

白猫テニスが本物のテニスと違う点は3人でパーティを組んで途中で交換ができるという点です。

 

パーティメンバーも戦略的に使うことで勝率を上げることができます。コートとの相性やキャラタイプを考えましょう。

 

例えば試合序盤はテクニックタイプやスピードタイプでガンガン攻めて、お互いスタミナが厳しくなる中盤以降にスタミナタイプを出していくなどですね。

 

せっかく3人もパーティを組めるわけですしキャラタイプも種類があるので戦略的に使っていきましょう!

 

前に出る

 

テニスをやっていた人なら当然の戦略ですが、今までテニスをやったことがない人やルールさえよくわからない人は前に出るという考えがないと思います。

 

テニスのシングルスではチャンスにネット際へ出ることでスマッシュやボレーなどを決めやすくなります。

 

ただタイミングをミスるとロブを返されたり、届かないネット際へ打たれたりする可能性もあるので見極めは重要です。

 

自分がラリーの主導権を握って相手を左右に振っている状況の時なら相手はロブは打てないですし角度をつけることも難しいので思い切って前へ出てみましょう。

 

前へ出れればチャンスボールをノーバンでスマッシュすることもできますし角度のついたボレーが打てればほぼ得点できます。

 

左右に振るだけではなく前後も絡めていくことで戦略の幅を大きくすることができますのでぜひ取り入れてみてください!

 

さいごに

 

白猫テニスで勝率を上げるためには本物のテニスで必要な戦略はもちろん、白猫ならではの戦略も必要となります。

 

白猫ならではの戦略とはスタミナ関係やパーティの組み方などですね。テニスの経験者でセオリーを理解している人はそういった面を取り入れてみてください。

 

ネット際に出るタイミングやラリーの主導権をつかんだりといったテニス自体の戦略さえ知らなかった人はまずそこを学ぶだけでもだいぶ勝てるようになると思います。

 

ぜひ今回の記事を参考にして勝率を上げられるよう頑張ってください!

 

スポンサードリンク