flatserve

 

白猫テニスにおいてサーブタイプと戦う時に相手が「フラットサーブ」を打ってくると返せないという人は多いのではないでしょうか。

 

非常に球速が速いため、慣れていないとまともに返すことができないでしょう。角度をつけられると追いつけないことも多いと思います。

 

なんとか返せてもチャンスボールになりやすいのでスマッシュを打たれてしまったり、相手に得点を取られやすい環境を作りやすいやっかいなサーブです。

 

そんなサーブタイプに苦しんでいる人のために今回はフラットサーブを打ち返すためのコツを紹介していきますので参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

フラットサーブを拾うために

 

まずはフラットサーブに無理のない体勢で追いつくためのコツになります。追いついてもギリギリだとチャンスボールになってしまいますし位置取りが悪いとそもそも追いつけません。

 

ある程度戦略を持って対応する必要があるのでコツを押さえておきましょう。

 

後ろに大きく下がる

 

1つ目の方法はコート後方に大きく下がるというやり方です。デフォルトの位置だとサーブがバウンドしてからの距離が近く、対応が難しいです。

 

最初からある程度下がっておけばバウンドに合わせて返球することができるのでタイミングも合わせやすいと思います。

 

ただ角度をつけられた場合は後ろに下がれば下がるほど振れ幅が大きくなっていきます。相手の位置からサーブを打ってくる位置をある程度予測しておく必要があるでしょう。

 

スライスで返す

 

フラットサーブに対応するにはスライスを使うのがおすすめです。スライスの方がサーブエリアが広いのでボールを捕えやすいですね。

 

またフラットサーブに対してジャストで返球できるとスライスはバウンドした後に大きく曲がって変化します。うまくいけばリターンエースも狙えるでしょう。

 

スイングエリアが広い分、ある程度打ってくる位置が予測できれば返しやすいと思います。あとは返球のタイミングだけ注意したいですね。

 

打ってくる位置を予測する

 

フラットサーブを返すには相手が狙ってくるコースを予測することがかなり重要です。そこに近い位置であらかじめ待っていることで返せる可能性は上がるでしょう。

 

基本的には相手の対角線上に位置取るようにしてください。相手がコート端に移動したらライン際を狙ってくる可能性が高いので自分もコート端に移動します。

 

逆に相手がコート中央寄りに構えたら中心ラインの側を狙ってくる可能性があります。こんな感じで相手の狙いを読み、自分の位置を変えていきましょう。

 

ただ逆をつかれるとほぼ追いつけませんから読み外さないよう注意です。

 

また動くのが早すぎるとこちらの狙いが相手にバレて逆をつかれやすいので、相手がボールをトスし始めたくらいから移動するようにした方がいいと思います。

 

スポンサードリンク

 

前に出る

 

後ろに下がるとコースを読み違えた場合に追いつけなくなるので、読みに自信がなければ逆に前へ出るのも効果的です。

 

サービスエリアのライン際まで前に出て、ボールがバウンドした瞬間を拾うようなイメージで動きます。距離が短いので角度による影響を少なくすることができますね。

 

この位置であればたとえコースを読み違えても返球することができるでしょう。球種は上記と同じでスライスがスイングエリアが広くておすすめです。

 

またテクニカルタイプでドロップショットを覚えているキャラがいればせっかく前に出るのでドロップを打つのも効果的です。

 

ドロップを相手に先読みされなければ対応できなくてリターンエースが狙えます。

 

タイミングが最重要

 

フラットサーブに追いつくための位置取りに関しては上記のことを気を付ければだいたい拾えるようになると思います。

 

ただフラットサーブを返す際は位置よりも打ち返すタイミングの方がどちらかというと難しいです。

 

だいたいが焦ってしまって「はやい」を出してしまったり、逆に対応できなくて「おそい」を出してしまったりします。

 

せっかく追いつけてもタイミングが悪いとボレーのようなチャンスボールになってしまいますので、スマッシュを打たれて得点される確率が上がってしまいます。

 

タイミングに関してはある程度慣れが必要なので回数こなして自分で感覚をつかむしかありません。

 

キャラ紹介イベントやツアーのボスなどでサーブタイプがいれば何回でも練習することができるので、うまく打ち返せないという人は挑戦してみてください。

 

さいごに

 

サーブタイプはその名の通りサーブに特化したタイプになりますのでスタミナやストローク、スピードなどは並の性能となっています。

 

今回の記事で紹介しているコツを押さえて、サーブさえ返せるようになればあとは怖くありませんし逆に有利に戦えるでしょう。

 

コツを知って練習すれば必ず返せるようになりますので、サーブタイプが相手だった場合は逆においしいと思えるようにさえなると思います。

 

ぜひフラットサーブが返せなくて悩んでいる人は今回の記事を参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク