image (1)

 

シノビナイトメアにはたくさんの種類のサムライがいてパーティを組むことになりますので組み合わせに悩みますよね。

 

しかも各サムライで武器が違い、使用する武器によってさまざまな特徴があります。

 

敵のレベルが上がってきた場合はパーティを組む際に単純にレア度だけで決めるのではなく、各武器の組み合わせも考える必要があるでしょう。

 

今回はシノビナにおける武器の種類とその特徴を紹介していきますのでパーティ編成の参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

サムライ武器の種類

 

  • 槍(薙刀)
  • 斧(大剣)
  • 錫杖

 

サムライ武器は上記の6種類となります。槍と薙刀、斧と大剣はモノは違いますが特性は同じなので一括りで考えてOKです。

 

パーティを編成する時はこれら6種類の武器をバランスよく調整して、どんな敵にも柔軟に対応できるようにしていきましょう。以下に詳しく特性を記載していきます。

 

刀・槍(薙刀)

 

これらの武器は攻撃ステータス的には可もなく不可もなく万能型といった感じです。

 

受けるダメージに特性があって、刀は物理ダメージに耐性があり魔功ダメージには弱い傾向があります。

 

槍(薙刀)は刀と逆で、魔功に耐性があり物理ダメージに弱い傾向となっています。対戦する相手の攻撃タイプによって使い分けるといいですね。

 

弓・銃

 

弓と銃には特に大きな違いはありません。

 

共に俊敏で行動順番が早いです。先制攻撃ができることが多いので戦闘においては有利だと言えるでしょう。ただし攻撃力は低めなので火力は出ません。

 

また命中とクリティカル率が高いため安定しておりパーティの攻撃の起点として活躍できます。1人はパーティに組み込んでおきたい武器ですね。

 

斧(大剣)・錫杖

 

斧(大剣)と錫杖は共に攻撃順番が遅いためターンの後手になりがちです。

 

そのかわり攻撃力が高いのでパーティの火力要因として活躍できるでしょう。斧(大剣)が物理、錫杖が魔功に特化しています。

 

ただ命中が低いのでmissが出やすいのがデメリットです。大剣・錫杖をメインに組むと運によっては大ダメージを出せるターンと全然ダメージを与えられないターンがあるかもしれませんね。

 

理想的な組み方の基本

 

以上の特性を考えるとパーティの組み方の基本は刀or槍(薙刀)+弓or銃+斧(大剣)or錫杖で3人を組み、残り1人は臨機応変に組むというのがベストになりそうです。

 

スピード重視で勝負をかけたければ弓か銃を追加、火力重視でいきたければ斧(大剣)か錫杖を追加といった感じですね。

 

またそれぞれ物理・魔功どちらかに寄っていますので挑戦するクエストに出てくる敵やボスの傾向によって使い分けるといいでしょう。

 

最初の頃は敵もそんなに強くないのでそこまで考えなくてもクリアは難しくないですが、難易度が上がってギリギリの戦いになってくるとこういった細かい編成が効いてきます。

 

スポンサードリンク

 

匠で弱点を補おう

 

シノビナのサムライにはというTypeがあり、それぞれでステータスの伸びに違いがあります。

 

※追記:現在ではアップデートにより匠(Type)システムは廃止されています。

 

匠の詳しい解説に関しては以下の記事で書いていますので匠がよくわからない人はぜひ読んでおいてください!

【シノビナ】おすすめの型(Type)はどれ?匠の種類と効果を解説!

 

どの匠がつくかは完全に運なので狙うことはできませんが、武器の長所を更に伸ばしたり、弱点を補えるような匠を持ったサムライがいた場合は優先的に育てていきましょう!

 

ちなみに王匠は基本となる匠でステータスの特性変化はありませんから以下の項目には記載していません。王匠はどの武器にも使える万能匠なので持っている場合は積極的に使いましょう!

 

刀・槍に向いている匠

 

刀と槍(薙刀)は防御特性があるのでそこを伸ばせる匠がいいですね。防御・魔防を共に5%伸ばせる堅匠はいいと思います。

 

防御・魔防を上げておいて、攻撃を受けやすいリーダーなどに配置しておけばパーティの壁役として活躍できるでしょう。

 

逆に防御を下げてしまう闘匠はせっかくの長所を殺してしまうことになるので適しているとは言えません。

 

弓・銃に向いている匠

 

弓・銃は行動順番が早くクリティカルも出やすいのに攻撃力が低いという点がネックなので、防御を捨て攻撃力を5%上げられる闘匠が相性いいと思います。

 

防御が下がる分死にやすくなりますが、敵の攻撃を食らう前に攻撃できるので弱点は補えていると言えるでしょう。

 

逆に俊敏性を上げる敏匠や命中を上げる徳匠はおすすめできません。これらのステータスは攻撃力や防御力と違い、高ければ高い方がいいというものではないので注意しましょう。

 

斧(大剣)・錫杖に向いている匠

 

これらの武器は命中の低さがネックなので徳匠で命中を上げるのが一番いいでしょう。せっかくの攻撃力が5%下がってしまいますが、外すよりはいいと思います。

 

逆に向いていないのは闘匠と堅匠ですね。堅匠は特性を完全に殺してしまうので相性が悪いです。

 

闘匠は最初から低い命中回避がさらに5%下がるのでギャンブル的な攻撃になってしまいます。攻撃力を強化しても当たらないのでは意味がありませんからね。

 

さいごに

 

武器の特性を理解するのはパーティを編成するうえで意外と重要な要素ですし匠と組み合わせると結構奥が深いです。

 

特に匠との組み合わせはリセマラする人にも参考になると思います。星5が出ても武器に向かない匠だったら当たりとは言えないですからね。

 

今回紹介した情報はシノビナを攻略していく上では知っておいて損のないものですから、ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク