ローズクイーン

 

シャドウバースの中でもエルフはコストの低いカードが多く、初心者でも戦略を組みやすいクラスとなっています。

 

ただ初心者向けである反面、中級者以上の評価はあまり高くはないように感じます。

 

しかしエルフクラスでもしっかり戦略を持ってデッキを構築すれば第一線で勝ち抜いていくことは十分に可能です。

 

いくつかエルフクラスのデッキレシピは存在しますが今回はその中でも戦略がシンプルで初心者にも組みやすい「薔薇エルフ」を紹介していきます。

 

エルフクラスでデッキを組んでみたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

薔薇エルフの基本戦術

 

薔薇エルフはその名の通りエルフクラスのレジェンドカードである「ローズクイーン」が生み出す「薔薇の一撃」で相手を大きく削るデッキとなります。

 

ローズクイーンは場にプレイすると手札にあるフェアリーを全て「薔薇の一撃」に変える効果を持つカードです。

 

薔薇の一撃は2コストで使え、敵リーダーか敵フォロワーに3のダメージを与えることができるので手札にたくさん揃えば一気に相手のHPを削ることが可能です。

 

ローズクイーンを出した時点で相手リーダーのHPがある程度削れていれば、次のターンで決着をつけることもできるでしょう。

 

薔薇エルフのサンプルデッキ

 

フォロワー

 

<ブロンズカード>

  • ウォーターフェアリー×3
  • エルフガード×3
  • フェアリーウィスパラー×3
  • ワンダーエルフメイジ×3
  • ダークエルフ・フォーレ×3
  • ベビーエルフ・メイ×3

 

<シルバーカード>

  • エルフプリンセスメイジ×2
  • メタルエルフメイジ×1

 

<ゴールドカード>

  • リノセウス×3

 

<レジェンドカード>

  • エンシェントエルフ×3
  • ローズクイーン×3

 

スペル

 

<ブロンズカード>

  • フェアリーサークル×3
  • 森荒らしへの報い×2
  • 自然の導き×2

 

<ゴールドカード>

  • 根源への回帰×3

 

アミュレット

 

なし

 

デッキ構成の解説

 

エルフクラスの特徴でもあるフェアリーを呼び出す効果を持つカードを中心にデッキを組み立てています。フェアリーで弾幕を張り、火力は低いが数で勝負していくイメージですね。

 

また根源への回帰や自然の導きなど、場のカードを一度手札に戻す効果も入れています。これはフェアリーを呼び出すファンファーレを再び発動させるために行います。

 

ローズクイーンをプレイできるPPになるまでは敵フォロワーをフェアリーをぶつけて対応していきましょう。

 

基本的には「どれだけフェアリーを多く手札に揃えられるか」がキモなので、他にもそういった効果を持ったカードが手持ちにあれば差し替えて問題ありません。

 

薔薇エルフの戦い方

 

序盤~中盤は耐える

 

薔薇エルフの切り札となるローズクイーンはコストが8なので序盤に引けても使うことはできません。序盤はコストの低いカードをたくさん使ってコツコツ戦っていく形になるでしょう。

 

カードのあらゆる効果でフェアリーだけは豊富に揃いますから、序盤は相手フォロワーを処理しながら隙を見てリーダーを攻撃しておきます。

 

そして敵が高コストの強いフォロワーを出してくる中盤以降はとにかく相手フォロワーを1体1体確実に処理することに注力していきましょう。

 

薔薇エルフデッキの負けパターンはローズクイーンをプレイする前に火力で押されて負けるケースが多いため、場を整える意識が必要です。

 

特に中盤からガンガン削ってくることを得意とするようなドラゴンクラスなどと戦う時は相性が悪いので注意してください。

 

後半は一気にとどめをかける

 

中盤を耐えてローズクイーンが出せるPPになり、手札に十分なフェアリーが揃えば勝ったも同然です。

 

序盤で敵リーダーの体力を15以下くらいまで削っておけば相手の場に守護持ちがいない場合、手札にフェアリー5枚以上で1ターンで倒せます。

 

逆にここで倒し切らないと次また手札にフェアリーを揃える間にやられる可能性が出てくるので、できれば1ターンで勝負をかけたいところです。

 

スポンサードリンク

 

薔薇エルフの負けパターン

 

ローズクイーンを出す前にやられる

 

上述しましたが一番多いのはローズクイーンをプレイする前に火力で押し負けるパターンでしょう。

 

相手がエルフクラス同様、小火力で数で攻めてくる場合やビショップなど後半強くなってくるクラスには序盤で受けるダメージが少ないのでローズクイーンを出すまで耐えることが可能です。

 

逆にウィッチなど序盤からガンガン攻めてくるタイプはこの負けパターンにハマりやすいですから1手1手の選択を慎重に行う必要がありそうです。

 

また運悪くローズクイーンがなかなか引けない場合も発動前にやられる可能性が高いですね。

 

こればっかりは運なのでどうしようもない点でもありますが、手札を引く効果を持ったカードを多用するなどしてなるべく早い段階でローズクイーンを引いておきたいところです。

 

倒し切れずに負ける

 

薔薇の一撃で倒し切れずターンを終了してしまった場合、相手が守護持ちなどを出してきたらキツくなります。

 

後半だと相手も強カードが出せる時期ですから火力が低いエルフデッキでは息切れを起こして負けやすくなるのです。

 

もう一回ローズクイーンを出して攻撃しようにも手札にフェアリーを揃えるのに多少時間がかかるので、その前にやられる可能性が高くなるでしょう。

 

こういった事故を起こさないためにも序盤で敵リーダーの体力をある程度削っておくということと、手札のフェアリー数を確認してからローズクイーンをプレイするようにした方がいいと思います。

 

環境が整ってもフェアリーの枚数的に倒し切れそうになければ、もう少し粘って手札にさらにフェアリーが増えるまで待ちましょう。

 

さいごに

 

薔薇エルフデッキは基本的にローズクイーン×3さえ揃えば他のカードは割と代用が効くものが多いので初心者や無課金でも作りやすいと思います。

 

戦略も「手札にフェアリーを揃えてローズクイーンを出す」というシンプルなものなのでコンボデッキに慣れていない人でも取り組みやすいです。

 

シャドウバースで勝率を上げていきたい人はぜひこの記事を参考にして挑戦してみてください!

 

スポンサードリンク