image

 

エルフクラスのデッキで強力なものの1つが「冥府への道」をフィニッシャーとした冥府エルフですね。

 

エルフクラスは手元にたくさんのフェアリーを呼び出すことが可能で、墓場のカード枚数も増やしやすいため冥府への道と相性が抜群です。

 

条件さえ揃えば劣性の環境からでも一気に勝利まで持って行ける一撃必殺の力を持っているのでエルフクラスでデッキを組もうと考えている人はおすすめです。

 

今回はそんな冥府エルフのデッキの組み方や戦い方のコツを紹介していきますので参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

冥府エルフの基本戦略

 

とにかく墓場を肥やす

 

冥府への道はコストが4なので中盤以降からプレイできるカードになります。冥府エルフは中盤までにいかに早く墓場の枚数を30枚以上にできるかが勝率を左右しますね。

 

エルフクラスのカードはあらゆる効果でフェアリーを呼び出せますから敵フォロワーにぶつけまくって墓場に送っていきましょう。

 

根源への回帰やエンシェントエルフの効果で場のフォロワーを手札に戻し、再度プレイすることでまたフェアリーを呼び出す効果を発動させていくこともポイントです。

 

手札にもフェアリーが貯まってきたら「新たなる運命」で手札ごと墓場に送ることもできます。こういった方法でどんどん墓地へ送り、墓場が肥えたら冥府への道を発動するという流れですね。

 

また隙を見て相手リーダーをこまめに殴っておくと冥府を発動した時に速攻で勝負をつけることもできますし冥府以外のフィニッシュを狙う際にも有効です。

 

冥府以外のフィニッシュも考える

 

対戦する相手が展開の速いアグロ系デッキだったり引きの状況次第では冥府以外で勝ちを取りに行く場面も出てくると思います。

 

リノセウスやエンシェントエルフを組み込んでおくことで普通に殴っていく勝ち筋も見えますから臨機応変にいきたいですね。

 

逆に言えば冥府でのフィニッシュを狙うのか諦めて殴りにいくのかの判断が冥府エルフを使う上で一番難しいポイントだと言えるでしょう。

 

冥府エルフのサンプルデッキ

 

フォロワー

 

  • ウォーターフェアリー×3
  • フェアリーウィスパラー×3
  • ベビーエルフ・メイ×3
  • メタルエルフメイジ×2
  • エルフプリンセスメイジ×3
  • リノセウス×3
  • エンシェントエルフ×3

 

スペル

 

  • 自然の導き×3
  • フェアリーサークル×3
  • 新たなる運命×3
  • 森荒らしへの報い×3
  • 根源への回帰×3

 

アミュレット

 

  • 収穫祭×3
  • 冥府への道×3

 

スポンサードリンク

 

冥府エルフの戦い方のコツ

 

マリガンで低コストを揃える

 

どのデッキでもそうですが初手の手札を交換できるマリガンの選択は超重要で、ここでミスると勝率が変わってきます。

 

冥府エルフではとにかく初手からガンガンプレイして手数を稼いでいきたいのでコストの低いカードが揃うようにしましょう。

 

さらにフェアリーを呼べる効果を持ったカードを優先的に引いておきたいですね。キモとなる冥府への道は序盤では必要ないため引きが悪ければ交換しても構いません。

 

収穫祭もここで引いておきたいカードですが、運営からのルール変更で収穫祭りのコストが4に上がったため初手で引いておく重要性は以前より低くなりました。

 

手元のカードしだいでは収穫祭を交換するパターンもありかもしれません。

 

序盤は手数を揃える

 

エルフデッキらしく序盤はコストの低いカードを展開して場を整えていくことを意識していきましょう。

 

序盤はエルフクラスはフォロワーを揃えやすく有利なので隙を見てリーダーを攻撃していくこともできますから積極的に動いていくべきです。

 

あとはエルフクラスは手札が枯渇すると一気に息切れしますからなるべく早く収穫祭をプレイできるようにすることを目指しましょう。

 

中盤の判断が一番重要

 

上述した通り冥府エルフは冥府フィニッシュを狙うのか火力で押し切るのかを判断するのが非常に重要で、それを決めるのが中盤になります。

 

この段階でのお互いのHPや場の状況、自分の墓場の枚数などを考慮して考える必要があります。

 

また相手のデッキによっても判断は変わってくるでしょう。

 

アグロ系デッキなどで終盤まで耐えられそうであれば冥府で行ってもいいですし、ドラゴン系などでこれからキツくなっていくことが予想できれば今のうちに叩く戦略も出てきます。

 

火力で押し切るならこの段階でリノセウスやエンシェントエルフを使って一気に攻めていきます。

 

バウンスを組み合わせたリノセウスのコンボ(リノセウスをプレイして疾走で攻撃→バウンスで手札へ戻す→再度リノセウスをプレイして攻撃)などで削ってしまいましょう。

 

冥府フィニッシュを狙うならこの辺から新たなる運命を使っていきたいですね。効率を上げるためにむやみにプレイせず、手札が多い状況で新たなる運命を発動していきたいところです。

 

後半は冥府への道で仕上げる

 

中盤の段階で冥府フィニッシュをすると決めたら後半はひたすら冥府への道をプレイするタイミングを待つだけです。

 

墓場の枚数が揃った段階ですぐ発動していきましょう。基本的に発動してしまえば相手にアミュレットの除去カードがない限りすぐに決着がつきます。

 

冥府への道を発動できたら勝手に相手は消耗していくのでエンシェントエルフなど守護を持ったカードでひたすら守りに徹しましょう。

 

さいごに

 

冥府エルフは盤面の状況によってフィニッシュを選択するという難易度の高いデッキではありますが、臨機応変に対応できる点や手札が揃いやすい点で安定感があります。

 

上位陣でも使っている人が多いくらい強力なデッキですのでエルフクラスを使っていくなら構成しておきたいデッキレシピの1つですね。

 

有利なデッキゆえに収穫祭のコストアップの他にもバランス調整が入る可能性はありますが、興味のある人はぜひ今回の記事を参考にして挑戦してみてください!

 

スポンサードリンク