pokewhere

 

ポケモンGOにおいて出現情報を調べることができるサイトはたくさんリリースされていますが、スマホ用にアプリとして配信されているのが「Pokewhere」となります。

 

スマホユーザーであればいちいちブラウザで開かなくて済みますのでアプリだと楽ですよね。

 

出現情報サイトだとポケビジョンあたりが有名ですが、ポケビジョンは有名すぎて利用者が多いため時間帯によってはつながりにくいことがあるようです。

 

そういった時のために別のアプリも入っていると便利ですのでぜひこのPokewhereも使えるようにしておきましょう!

 

今回はPokewhereの使い方を解説していきますので参考にしてください!

 

ちなみにポケビジョンの使い方や解説は以下のサイトで詳しく解説しているので読んでみてください。

【ポケモンGO】出現情報が一目でわかる!ポケビジョンの使い方!

 

※追記…2016年7月31のアップデートでポケビジョンおよびPokewhereなどの出現情報サイトが使えない状況となっています。記事の下部に所感を書きましたが起動してもポケモンが表示されないという人は今回のアップデートの影響だと思われます。

 

スポンサードリンク

 

PokewhereはiOSのみ

 

pokewhereは現在のところiOSでしか配信されていないようなのでiPhone以外を使っている人は利用することができません。

 

今後のアップデートでAndroidでも使えるようになる可能性はありますが、現状ではAndroidの人は別のアプリを使うようにしましょう。

 

アンドロイド端末で同じような機能を持ったアプリとしては「P-GO SEACH」というアプリがおすすめとなります。使い方はほぼ同じなので実践してみてください。

 

iOSをお使いの人はAppstoreで「Pokewhere」と検索するかこちらのリンクからアクセスしてアプリをダウンロードしてください。

 

ダウンロードしてアプリを起動すると位置情報の送信を許可するかどうか聞かれますので許可するようにしましょう。

 

Pokewhereの使い方

 

ポケビジョン同様使い方は非常にシンプルでアプリを起動したら自分の住んでいる周辺地域を表示するだけで近くにいるポケモンが地図上に出るようになります。

 

pokewhere2

 

位置情報をオンにしている場合は画面下部の青いアイコンをタップすることで自分の今いる場所まで一気にズームすることができます。

 

手っ取り早く近辺のポケモンを調べたい場合は非常に便利な機能ですね。

 

セキュリティ的な面から位置情報の送信が不安な人に関してはアプリ起動の際に位置情報の送信を許可しなければ送信されることはありません。

 

その場合は地図をスライドで移動したりピンチイン・アウトで拡大縮小しながら自分のいる地域までたどり着きましょう。

 

スポンサードリンク

 

制限時間はタップで出る

 

ポケビジョンだとポケモンがその地域に出ているリミットは絵の下に常に表示されていましたがPokewhereの場合はリミットを見たいポケモンの絵をタップすることで表示されます。

 

見たいポケモンの時間だけが表示されるような機能となっていますので画面がごちゃごちゃしなくて見やすいですね。

 

そういった説明はアプリ内でまったくありませんので制限時間は出ない仕様なのかと思ってしまいますが、時間を調べたい人はタップしてみてください。

 

欲しいポケモンがいる地域まで時間内に行けるようであればゲットしに出向いてみましょう。

 

うまく表示されない時は

 

ポケビジョン同様に時間帯によってはPokewhereも使用者が多くいるためポケモンが地図上に表示されなかったりアプリが落ちてしまうことがあるようです。

 

その場合は一度アプリを終了して再起動してみたり時間をおいたり、他の出現情報サイトを利用するなど対策を行いましょう。

 

幸いポケモンGOの流行に合わせて出現情報を提供するサービスはかなりの勢いで増えてきています。

 

いくつか使えるサイトをピックアップしておくことで主力サイトがダウンしている時に補完が効くようになると思います。

 

アップデートによるエラーに関して

 

この記事を書いていた2016年7月31日の段階でポケビジョンおよびPokewhereがサーバーエラーにより利用できない状況が続いているようです。

 

どうやらポケモンGOの出現情報を管理しているナイアンティックのサーバーからブロックされているようでうまく出現情報を引出せない模様です。

 

これが運営の方針ということで今後もこういったサービスは制限されていくのか、うまく抜け道を探して提供を続けていくのかは不透明な状況ですね。

 

今後も何か情報が出れば追記していきますが、アプリを開いてエラーメッセージが出るようであれば運営からアクセスをブロックされている可能性も疑った方がいいかもしれません。

 

その場合は基本的に類似サービスも影響を受けているでしょうから地道にポケモンを探すという本来の作業が必要になるかもですね。

 

スポンサードリンク