pokego-egg

 

ポケモンGOではポケモンをゲットする方法として野生のポケモンをモンスターボールで捕まえる方法とタマゴを孵化させる方法があります。

 

タマゴのシステムは金銀から実装されているので初代しかやっていないというプレイヤーは馴染みがないかもしれませんね。

 

今回はポケモンGOにおけるタマゴの基本情報と効率よく孵化させていく方法を紹介していきますので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

タマゴの種類と入手方法

 

タマゴは基本的にポケストップを回すことで入手できます。どこのポケストップから固定で出るといったことはなく、基本はランダムで手に入ります。

 

そしてタマゴには種類が3つあり「2kmタマゴ」「5kmタマゴ」「10kmタマゴ」となっています。

 

ただ10kmタマゴはなかなかレアで、結構な数のポケストップを回しても手に入らないこともあるようです。持っていない人は根気強くポケストップめぐりをしましょう。

 

距離が長い方がレアポケモンが産まれる!?

 

タマゴから産まれるポケモンは基本的にレアなポケモンが多いと言われています。そして孵化までに必要な距離数が多いタマゴの方がよりレアなポケモンが産まれるらしいです。

 

公式から発表されているような情報ではないので明言はできませんが、2kmより10km歩く方がもちろん大変ですからレアポケモンが出やすくても不思議ではありません。

 

ただ注意してほしいのはあくまでレアポケモンが出やすいというだけで普通に野生で捕まえられるポケモンも産まれる可能性はあるという点です。

 

10kmタマゴは孵化させるのが大変なだけに期待してしまいますが、特にレアじゃないポケモンが産まれた場合はショックが大きくなるので期待はしすぎないようにしましょう(笑)

 

ちなみに頻繁に野生で出るようなポケモンが産まれた場合でも、野生に比べて個体値などが優秀だという話もあります。

 

既に持っているポケモンが産まれたからといってすぐに博士送りにはせず、一度個体値を測ってみたらいいかもしれませんね。

 

個体値の基本情報や具体的なチェックの方法は以下の記事で詳しく解説しているので、個体値がよくわからないという人は参考にしてください。

【ポケモンGO】個体値とは?厳選するなら知っておきたいステータス

【ポケモンGO】個体値チェック!IV RATERの使い方を解説!

 

トレーナーレベルを上げてから孵化させよう

 

10kmタマゴなどが手に入るとすぐにふかそうちにセットして孵化させたくなってしまうと思います。

 

その気持ちはよくわかるのですが、トレーナーレベルが低いうちは孵化させる前にまずレベルを上げた方がいいでしょう。

 

なぜかというと、野生で出るポケモン同様にタマゴから産まれるポケモンもトレーナーレベルに応じたCPとなっているからです

 

初期CPが低い状態でゲットしてしまうと強化に大量のほしのすなやアメが必要になってしまいます。これらアイテムは貴重なので無駄使いは避けたいところです。

 

逆にある程度成長した状態でゲットできればそこまで強化する手間やほしのすな、アメなどを節約できるのでトレーナーレベルが10以下など低い人は我慢してレベルを上げましょう。

 

スポンサードリンク

 

効率よく孵化させる方法

 

ふかそうちを余らせない

 

タマゴを少しでも早く、1つでも多く孵化させるにはふかそうちを余すことなく使う気持ちが重要です。

 

特にむげんふかそうちはいくら使ってもその名の通り無限に壊れることなく使用できるのでタマゴがある限り常に稼働するようにしておきましょう。

 

またタマゴは現状9つまでしか所持することができず、それ以上をポケストップからゲットしても自動的に廃棄されてしまいます。

 

任意のタマゴを選んで捨てるといったこともできないので、特に2kmタマゴなどはサクっと孵化させて枠を空けておきたいところです。

 

せっかく10kmタマゴをゲットしたのに2kmタマゴで枠が埋まって10kmの方が廃棄されてしまったなどという事態は避けるためにもふかそうちをフル稼働していきましょう!

 

少しでも距離を稼ぐ

 

タマゴを孵化させるには指定された距離を移動するのが条件ですが、少しでも距離を稼ぐために移動が伴う際はなるべくポケモンGOを起動しましょう。

 

時速10km以上での移動はカウントされないので車などでは無意味だと言われていますが、たとえ車でも信号待ちの際の減速などで10km以下になる時はカウントされます。

 

純粋に歩くだけで10km稼ぐのはウォーキングが日課や趣味といった人じゃないと厳しいと思いますので、車などでも距離を稼いでいきましょう。

 

ただもちろんですが運転中のスマホ操作は非常に危険ですし交通違反なので起動だけして放置してください。

 

ふかそうちを入手する

 

タマゴを孵化させるにはふかそうちが必要ですが、最初から無限に使えるむげんふかそうち1つだけではゲットできるタマゴの数に追いつかなくなっていきます。

 

効率的に孵化させてタマゴを回していくには3回使うと壊れてしまう通常のふかそうちも必要となってくるでしょう。

 

ふかそうちはレベルアップ時に入手することもできますが、それだけではあまり多くは手に入りません。

 

なので基本的にポケコインを使ってショップで購入するような流れになると思います。無課金でもジムを活用することでポケコインはゲットできるので挑戦していきましょう

 

具体的なポケコインのゲット方法やジムを活用するメリットは以下の記事で書いているので読んでおいてください。

【ポケモンGO】ジムの基本情報!ポケモンを配置するメリットを解説!

 

さいごに

 

タマゴの孵化はレアなポケモンをゲットできるだけでなく、強化や進化に必要なほしのすなやアメも同時に手に入れることができます

 

またトレーナーレベルを上げるためのXPも入手することができていいことだらけです。

 

基本的にはメリットしかありませんから手持ちのふかそうちをフルに使って効率よくタマゴを孵化させていきましょう。

 

運がよければ10kmタマゴからカビゴンラプラスといったなかなかゲットできない高CPポケモンも手に入りますので、この記事を参考にしてガンガン孵化させてください!

 

スポンサードリンク