aibo

 

アップデートによりポケモンGOにおいて自分の相棒を1匹選べるようになりましたね。

 

アニメ版ポケモンのサトシとピカチュウのようにモンスターボールから出して、自分の側に置くことが可能となっています。

 

お気に入りのポケモンを側に置くことができるので愛でたい人には非常にありがたいシステムですね(笑)

 

ただこの相棒システムは見た目的なところだけでなく、ポケモンGOを攻略する上でも役に立つものになっているので今回はそんな相棒システムを解説していきます!

 

スポンサードリンク

 

ポケモンの位置

 

ポケモンの大きさによって相棒に選んだ場合にどこに来るかが変わります。

 

大きなポケモンは自分の後ろに、中くらいのポケモンは前に、小さいポケモンは肩に乗ってくれるようです。

 

肩に乗るポケモンは少ないですが、非常にかわいいですね!私もイーブイを肩に乗せましたが思わずニヤついてしまいました…w

 

ちなみに相棒ポケモンは通常画面でフィールドを歩いている時は表示されません。画面左下にアイコンが出るだけとなっています。

 

まぁフィールドに出てくると野生のポケモンと見間違える可能性がありますし、仕方のないことかもしれませんね。相棒の様子を確認するにはトレーナー画面へ行く必要があります。

 

相棒を選ぶメリット

 

見た目以外で相棒にポケモンを選ぶメリットとしてはアメが貰えるという点です。ポケモンごとに指定された距離を一緒に歩くことでアメを手に入れることができます。

 

なかなかアメが入手しづらいレアポケモンなどを育成したい時には使えるシステムですね。時間さえかければアメを確実に手に入れることが可能です。

 

アメを貰うまでに必要な距離数は1km、3km、5kmとなっておりレアポケモンやCPの高い強いポケモンほど必要な距離は長くなるみたいです。

 

また1日に貰えるアメの上限も決まっているので、1日で歩きまくっても無意味ですね。コツコツ稼ぐのが賢いやり方となりそうです。

 

距離のカウントはタマゴと同じ

 

相棒システムの距離数のカウントはタマゴを孵化させる際に必要な距離のカウントと同じ方法を採用しています。

 

なので基本的にはポケモンGOを起動している間しかカウントされない(バックグラウンドも不可)ので注意した方がいいですね。

 

また移動速度も関係しており、車などスピードの速いものはカウントされません。基本的には歩くスピードでしかカウントされないのでズルができないようになっています。

 

効率のいい距離の稼ぎ方などについてはタマゴに関する記事に書いていますのでそちらも参考にしてみてください。

【ポケモンGO】タマゴの基本情報と効率よく孵化させる方法!

 

スポンサードリンク

 

相棒ポケモンを設定する方法

 

アップデートをして初見では相棒ポケモンを設定する方法がわかりづらかったので一応やり方を解説しておきます。

 

最初はポケモンの一覧画面から相棒にしたいポケモンを選択するのかと思いましたが違いました。実際はトレーナー画面からいきます。

 

aibo2

 

トレーナー画面の右下の丸いボタンをタップするとメニューが開きまして、その中に「相棒ポケモンを選ぶ」という項目があります。

 

ここからポケモンを選択することができるのでやり方がわからない人は実践してみてください。

 

一度設定したポケモンを変更する時もここからいけますし、フィールド画面左下に表示されている相棒ポケモンのアイコンをタップすることでも変更が可能です。

 

ただし相棒ポケモンを変更するとそれまでに稼いだ距離はリセットされてしまいます。あとちょっとでアメが貰える時などは間違えて交換しないように気を付けましょう。

 

ピカチュウを肩に乗せる方法

 

ピカチュウは初期状態だとトレーナーの前にいるスタイルですが、ある条件を満たすと小さなポケモンと同様に肩に乗ってくれるようになります。

 

それは「ピカチュウを相棒にして累計10km歩くこと」です。

 

累計なので途中でポケモンを交換しても大丈夫ですし、一度肩に乗るようになったらピカチュウを相棒にするたびに肩に乗ってくれます。

 

他のポケモンでは累計の距離によって位置が変わるということがないので、ピカチュウだけ特別扱いされている感がありますね…(笑)

 

まぁピカチュウはポケモンを代表するかわいさですし、実際相棒にしたいという人も多いでしょうから納得の待遇ではあります。

 

ピカチュウを肩に乗せてみたいという人はがんばって10km歩きましょう!

 

さいごに

 

相棒システムは育成したいけどアメが足りない、と悩んでいる人にとっては非常に助かる機能だと思います。

 

カビゴンやラプラスなど強力なポケモンは運よくゲットできてもそのあとアメを入手するのが非常に大変でしたからね。

 

見た目で相棒ポケモンを選ぶのももちろんいいですが、攻略重視の人は育成したいポケモンを相棒にするといいでしょう。

 

今回のシステムをうまく使うことで今まで以上にポケモンGOを効率よく攻略していくことが可能になりますから、今回の記事を参考にみなさんも活用してみてください!

 

スポンサードリンク