image (52)

 

ドラゴンプロジェクトはさまざまな武器がありユーザーは自由に選択することができますが、片手剣はチュートリアルで一番最初に操作する武器になります。

 

慣れると新しく増えた他の武器に魅力を感じて使わなくなってしまいがちですが、片手剣は攻守ともにバランスがよく使いこなせれば便利です。

 

アクション初心者さんは特に最初は片手剣で操作や立ち回りを覚えるとプレイヤースキルの向上へつなげることができるでしょう。

 

今回はそんな片手剣を使いこなすコツと、クエストにおいて立ち回りの攻略法を紹介していきますので参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

片手剣の特徴

 

攻撃の隙が少ない

 

片手剣は他の武器に比べて攻撃の出が早く、連撃の際の隙も非常に少ないです。敵の攻撃が来た際は連撃中でも回避行動を取ることは難しくないでしょう。

 

連撃パターンは4つで、最後の方にいくにつれてダメージも大きくなります。ただし個人的には最後の一撃は少し隙が大きいかな、と感じます。

 

特に敵の攻撃パターンがうまく読めなかったり操作になれないうちはこの4撃目での隙がダメージに繋がることもあるでしょう。

 

敵の攻撃モーションが読みにくい場合や攻撃の出が早い場合は3撃目で一度リセットするような使い方をおすすめします。

 

意外と攻撃範囲も広い

 

実際に使ってみた感じだと、剣の長さよりも攻撃範囲は広く感じました。少し離れ気味でも当たるので、距離感をつかんでおきましょう。

 

プルンなどの攻撃範囲が狭い雑魚敵の場合は相手の間合いの外からでもダメージを入れられると思います。

 

特殊スキル「ガード」を使いこなせ!

 

ドラプロは武器ごとに特殊スキルという個別のアクションが用意されており、それぞれの武器の特徴を最大限生かせるようになっています。

 

片手剣の場合は「ガード」ですね。剣とセットで装備している盾を使って敵の攻撃ダメージを軽減することができます。

 

使い方はタップ長押しするだけなので非常に簡単です。ただしタップしてから実際にガードに入るまではタイムラグがあるので感覚をつかまないと間に合わない可能性もありますから注意しましょう。

 

多用は禁物

 

ガードは非常に便利なスキルではありますが、多用は禁物です。

 

敵のダメージを軽減できるといっても受けることは受けるので、攻撃力の高いボスと戦う場合やレベルが低くてHP・防御力が低い場合はガードしていても結構削れます。

 

ガードするべき攻撃と普通に回避で避ける攻撃を見極められるようになりたいですね。うまく使い分けていきましょう。

 

カウンターで反撃

 

ガードが優れているのは攻撃を防御した後にタイミングよく指を離すとカウンターが発動するという点ですね。

 

このカウンターは通常攻撃よりもダメージ倍率が高く、さらにタップを連打することで追撃もできます。

 

片手剣は一撃のダメージが大きくはないので手数で削っていくような戦い方になるのですが、カウンターも組み合わせていくことでさらに与えるダメージ効率を上げることが可能です。

 

これも指を離すタイミングが慣れるまでは少々難しいので、雑魚敵などで練習しておきましょう!

 

ただ、敵の攻撃が連続技の場合はカウンターを発動するタイミングに注意です。連続技の途中でカウンターしてしまうと攻撃を食らってしまいます。

 

敵の攻撃パターンを見極めて、連続技の最後の攻撃でカウンターを入れるようにしてください。

 

仲間の救助に役立つ!

 

ガードはマルチクエストで仲間が倒れた時に非常に便利です。

 

ドラプロは倒れた仲間の側に一定時間滞在すると仲間を復活させることができます。(倒れた仲間の周りにサークルが出現するので、その範囲内にいると救助ゲージが溜まっていき、MAXになると復活)

 

ただし大体仲間がやられる時って敵の近くなんですよね。救助しようと近づくと敵の攻撃を食らいやすくなります。

 

そこで吹っ飛ばされる攻撃をされたりするとゲージがMAXになる前にサークル外へ飛ばされ、また最初から救助し直しというケースが多いのです。

 

しかしガードを使うと、この吹っ飛ぶ攻撃に耐えることができます。仲間のサークル内でガードを取りつづければダメージを受けても少しで済みますし、確実に復活させることができるでしょう。

 

友達などとマルチクエストに出かける際は救助用に片手剣が1人は欲しいですね。もし自分が担当するのであれば、率先してガードを使い効率的に仲間を復活させてあげてください。

 

スポンサードリンク

 

片手剣の立ち回り

 

片手剣はアクションの基本、ヒット&アウェイで戦っていくことがおすすめです。連撃で3撃目までダメージを入れたら回避で距離を取り敵の攻撃をやり過ごします。

 

敵の攻撃を避けたらまたその隙をついて間合いに入り込みすかさずダメージを入れていくといった感じですね。

 

回避が間に合わなかったり攻撃範囲が広く食らってしまいそうな場合はガードでダメージを軽減し、すかさずカウンターを入れていく…攻守の切り替えをキビキビ行っていくことがコツです。

 

マルチクエストの場合は上記立ち回りに加えて救助要員としても活躍できるので、仲間が倒れたら率先して救助サークル内でガードの体制を取りましょう。

 

逆に言うと自分が倒れると救助が困難になりますから、パーティに片手剣が自分しかいない場合は敵に狙われないよう動いていく必要があります。

 

メインでダメージを与えたり敵の攻撃を受けたりする役割は他の武器の人に任せて、片手剣はオールマイティに動けるようにしたいですね。

 

さいごに

 

基本的なことではありますが、上記立ち回りのコツを知っているのと知らないのではクエストのクリア確率が大きく変わっていきます。

 

特にマルチはチームプレイになりますので、片手剣なのに前線に立ってガンガン攻撃しかしない…とかの立ち回りはしないようにしましょう。

 

冒頭で解説した通り非常にバランスがよく使い勝手がいい武器なので、うまく使えればマルチクエストで重宝されます。

 

ぜひこの記事を参考にして片手剣を極めてみてくださいね!

 

ちなみに他の武器を使いこなすコツは以下の記事で詳しく解説しています。

【ドラプロ】溜め切りで高火力!両手剣を使いこなす立ち回りのコツ!

【ドラプロ】乱舞で舞え!双剣の立ち回りと使いこなすコツ

【ドラプロ】長いリーチで戦え!槍を使いこなす立ち回りのコツ!

【ドラプロ】狙い撃ち!弓を使いこなす立ち回りのコツ!

 

スポンサードリンク