image (70)

 

ドラプロの武器はレベルマックスまで強化すると改造することができるようになります。また1からレベル上げするのは大変ですが非常に強力になりますのでぜひ行いたいですね。

 

そして改造の際にはステータス重視の改造と属性付与の改造という2種類を選択することができます。

 

このどちらを選ぶかは非常に悩みますね。後戻りはできないのでよく考えて実行したいものです。

 

今回はそんな武器の改造について属性はつけた方がいいのかどうか、改造する際に知っておきたいポイントをまとめておきますので改造を検討している人は参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

改造の方法

 

武器レベルはMAX

 

まず大前提として改造は武器のレベルがマックスまで強化された状態でないと行うことはできません。

 

最大レベルまで上がっていない武器では「改造」の項目は出てこないので注意しましょう。

 

ちなみに改造は「限界突破」とは異なりますので混同しないようにしてくださいね。限界突破は素材さえあればレベルが最大でなくても行えます。

 

改造できない武器もある

 

武器は最大レベルまで上げても改造できるものとできないものがあります。これを知らずに強化してしまうと改造できなかった時にもったいないので事前に確認しましょう。

 

改造できるかどうかは武器のステータスを見る画面で確認することができます。

 

image (71)

 

画像の赤丸の位置に「改造可能」のロゴが表示されていれば改造することができます。

 

基本的にS以上のレアリティの高い武器は改造可能のものが多いようです。逆にレア度が低いものは改造できない可能性が高いですね。

 

2パターンの改造について

 

ステータス重視の改造

 

改造の方向性1つ目がステータス重視で強化する改造です。これは属性などは付与されず、攻撃力のステータスが純粋に底上げされます。

 

改造する前から比べると相当ステータスが上がるので、火力をだいぶ上げることができるでしょう。

 

属性付与の改造

 

2つ目が今回のテーマでもある属性を付与する改造になります。

 

純粋な攻撃力の数値は上記のステータス重視の改造より低いですが、その代わりに属性攻撃力というものが付きます。

 

属性は敵を攻撃した際に物理ダメージとは別で表示され、敵の弱点属性で攻撃できた場合はステータス重視の物理ダメージだけの攻撃より物理+属性のトータルダメージの方が大きくなります。

 

ちなみに属性はいくつか種類があり、武器ごとによってどの属性がつくか決まっています。自分で選べるわけではないので注意しましょう。

 

属性のメリット・デメリット

 

弱点属性だと効果大

 

モンスターもぞれぞれが属性を持っています。この属性同士には相性があるため、ダメージが増える場合と減る場合の組み合わせがあるのです。

 

敵の属性が自分の武器属性に対して弱いものであった場合はダメージを倍増させることができるのでいいですね。

 

上記でも記載しましたが、弱点属性で攻撃した際は物理攻撃力に特化した改造をした場合よりも物理+属性のトータルダメージの方が大きくなります。

 

ただし逆に耐性のある属性だった場合は大して属性ダメージを与えることはできません。

 

その場合は純粋にステータス重視で改造した武器の方がダメージが出るので属性付与の改造は敵を選びそうですね。

 

物理防御バフを貫通できる

 

属性の一番のメリットが物理防御を貫通できるという点でしょう。

 

マキナなど、モンスターの中には物理防御が高いのに加えて一定時間物理防御を上げるバフをかけてくる敵がいます。

 

これがかかると与えられるダメージがほぼ1になってしまうため倒すのに非常に時間がかかってしまうのですね。

 

属性はこういった物理防御を無視してダメージを与えることができるので、これは非常に大きなメリットになります。

 

マギのダメージが下がる

 

武器に装備したマギのダメージは物理攻撃力に依存します。

 

攻撃力が高ければ高いほどマギのダメージも大きくなるというシステムですね。

 

なので属性付与の改造をするとマギのダメージは下がります。属性攻撃力が付く分、物理攻撃力は改造前より下がるからですね。

 

これがあるのでネット上では属性はつけるべきではないという声が非常に多いですが、実はマギの属性と武器の属性が同じだと逆にダメージは上がります。

 

物理攻撃力にかかる倍率に加えて同属性だと与ダメージにさらに別の倍率がかかるのでしょう。

 

なので改造する武器の属性と、その武器に装着するマギの属性が同一だった場合は属性付与の改造をしてもいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

結論、属性はつけるべきか

 

では結論として属性はつけるべきかという点ですが、個人的にはネットでの意見と同じで現状では属性なしで純粋にステータスを底上げする改造をした方がいいと思います。

 

今後新しい敵で物理防御が非常に高いモンスターが出てきたりダメージ倍率が調整された場合は別ですが、今のところ属性付与によるメリットはそこまで感じないですね。

 

ただドラプロは武器を3つまで装備できるので、上記のように武器の属性とマギの属性が一致した場合は1つくらい属性付与武器があってもいいかもしれません。

 

弱点属性の敵が出た時や物理防御バフをかけられた時だけ持ちかえるというような使い方がベストでしょう。

 

防具の改造は属性なしがおすすめ

 

ちなみに防具も武器同様に改造することができ属性を付与することができます。

 

考え方は武器と同じで敵の属性との相性によって受けるダメージが変わります。

 

ただし防具は武器のように戦闘中に臨機応変に付け替えたりということができないので、属性の利点を活かせる機会が少ないと思います。

 

そういった理由から防具の改造に関しては純粋にステータス重視で防御力を底上げした方がいいでしょう。

 

さいごに

 

武器の改造や属性に関しては情報が少なく、どっちを選んだらいいか非常に迷ってしまいますよね。

 

しかも一度改造したらもとに戻すことはできませんから余計慎重になってしまいます。

 

今回は個人的な考えで属性付与はしない方がいいと結論づけましたが、最終的に決めるのは記事を読んでいるあなたです。

 

ぜひこの記事を参考にしてどっちの方向性で武器を改造するか考えてみてくださいね!

 

スポンサードリンク